学校のルールとモラル

学校に通うにあたって

学校が必要とする能力

学校に遅刻しないためには、緊張しすぎてもいけませんし、ダラダラしすぎてもいけません。つまり、適切な緊張感を持った状態になっていることが理想になります。成績も適切な緊張感を持った時が上昇しやすい状態になります。そのような状態にするためには、授業を楽しくする必要があります。授業が楽しくなれば、学校も楽しくなり、出席率も自然と上昇することになります。先生は家で授業の予行練習が必要ですし、生徒もつまらないようにならないように、その科目に対する疑問を多く持っていく必要があります。つまり、生徒と先生のどちらも努力する必要があります。つまり、これらの能力が必要な能力になります。

遅刻には必ず連絡を。

学校は、月曜日から金曜日まで毎日通うものであり、集団生活をすることを慣らす役割もあります。しかし、もし体調不良や家庭の理由で遅刻をする場合は、必ず早めに担任の教員に連絡の電話を入れましょう。もちろん、お休みする場合も同様です。遅刻やお休みの理由も一緒に伝えましょう。連絡を入れないと、先生方も困ってしまいますし、何か事故や事件に巻き込まれたのではないかと心配されてしまいます。学校で集団で生活する以上、一緒に生活するかたへ連絡をすることはとても大事になってきますし、その姿を子どもさんに見せることも大事な教育の一つとなりますので、必ず行いましょう。

学校内でのルールの情報

新着情報

↑PAGE TOP